-



相棒 S10 4話「ライフライン」

Season10 第4話「ライフライン」
2011年11月9日 17.0%
監督:近藤俊明
脚本:櫻井武晴
ゼネラルプロデューサー:松本基弘(tv asahi)
プロデューサー:伊東 仁(tv asahi)、西平敦郎、土田真通(東映)
音楽:池頼広
撮影:中村耕太
編集:只野信也
照明:中島淳司
録音:今井善孝
VE:石川友一
スクリプター:栗原節子
美術:伊藤茂
装飾:山岸正一(東京美工)
装置:紀和美建
持道具:畑中さなえ
衣裳:岡本華菜子(東京衣裳)
ヘアメイク:山北真佐美(WEST FURIE)
スタイリスト:斎藤真喜子
選曲:辻田昇司(アウル)
MA:藤沢信介
音響効果:大野義彦
EED:谷内和正
CG合成:KUROFUNE PRODUCTS
 平興史、北村利恵、保科功
税務監修:押久保 晋(押久保税理士事務所)
スチール:阿部昌弘
殺陣:二家本辰己(日俳連・アクション部会)
タイトルバック:イイノ・メディアプロ
車輌:ストロングワーク
演技事務:清水亜紀
編成:西山隆一、尾木晴佳(tv asahi)
宣伝:西尾浩太郎、冨田裕美(tv asahi)
コンテンツビジネス:村上 弓、水谷誠也(tv asahi)
助監督:田村孝蔵
制作担当:小松功
ラインプロデューサー:今村勝範
仕上協力:東映ラボ・テック、東映デジタルラボ
技術協力:アップサイド
美術協力:高津装飾美術
衣裳協力
ピースクラウン、永島服飾(株)、フレックスジャパン、Hanes
ARAアラ商事株式会社、CHAPS EST1978
GG KING GLORY、堀越ネクタイ、はるやま、Champion
装飾協力
msi、TOSHIBA、Daiohs.、OAランド、brother
(株)警察時報社
IWATSU、タムラ厨房調理機、アルインコ
株式会社岡本商會、ACSEINE
持道具協力
GIRARD-PERREGAUX、クラウン製靴(株)
JAEGER-LECOULTRE、BALL、lineabold、
IKETEI、大塚製靴(株)、SoftBank、Runwalk
MURAI、SHEAFFER、株式会社サン・フレイム
撮影協力
株式会社オーデン、ピエトロ・コルテ大泉学園店
川崎マリエン、株式会社ヘリテック・エアロサービス、Tomaki
制作tv asahi、東映
出演 
杉下右京/水谷豊
神戸尊/及川光博
伊丹憲一/川原和久
三浦信輔/大谷亮介
芹沢慶二/ 山中崇史
角田六郎/山西惇
米沢守/六角精児
大木長十郎/志水正義
小松真琴/久保田龍吉
芸優、テアトルアカデミー、アルファコア
S10 4話「ライフライン」ロケ地
あらすじ(公式サイトより引用)

「帯川運送」の社長・帯川(林和義)が何者かに殺害された。
会社の経営に行き詰まっていた帯川には
あちこちに借金のある多重債務者だった。
伊丹ら捜査一課は、借金の連帯保証人になっていた
妻の郁美が、夫の保険金目当てで殺害したのでは、と疑惑を抱くが…。
一方、右京と尊は帯川の携帯に残されていた、
新潟行きの小包の写真を調べ始める。
帯川の借入先の1つ、「緊急互助会」が、
無利子で金を貸し出す同業者の組織だったことがわかり、
さらに新潟行きの小包を配送する仕事が
「緊急互助会」の副会長・青木(青山勝)の会社
「青木配送センター」に回されていたことが明らかになる。
金に困っていた帯川がなぜ人に仕事を譲ってまわしたのか…?



帯川勉/林和義

青木誠/青山勝

帯川郁美/立原麻衣

須磨賢太郎/中沢青六

帯川美咲/藤本七海

鈴原修/大久保貴光

澤村和也/迫田孝也

杉田哲明/進藤健太郎

帯川運送従業員/九太朗(右)
帯川運送従業員/吉見純磨(3人の左))

帯川運送従業員/兎本有紀
井手規愛
佐藤智美

闇金社員/千葉誠樹(奥)
電話の声/松井功

3話へ← →5話へ
戻る   TOPに戻る



inserted by FC2 system